FC2ブログ
シェクタージャパン
公式FACEBOOKページ
シェクターブログ内検索
シェクターブログリンク集
シェクターブログ最新記事
RSSリンクの表示
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
シェクターモニター・Sxun(Fear,and Loathing in Las Vegas)シグネチャーモデル、受注生産開始!
今、けっこうな勢いで波に乗ってきているスクリーモバンド・「Fear,and Loathing in Las Vegas」。
そのギターのSxunのシグネチャーモデルが受注生産開始します。


Sxun



「Fear,and Loathing in Las Vegas」というバンドは、
先ほども触れましたが、いわゆるスクリーモバンドとして、
今ではオリコンにもチャートインするほど活躍しているバンドです。

このバンド、「スクリーモ」として位置づけるには、音楽性が幅広く、
まずは、ポップであること、その中に、スクリーモ、メタルコア、エレクトロ、
トランス、ダンスなど、いろんなサウンドジャンルの側面を兼ね備えているところが
おもしろいところですね。


そのバンドでギターを弾いてるのがシェクターモニターでもあるSxun。


彼のシグネチャーモデル受注生産を開始するわけですが、
早速、そのプロトタイプを紹介します。


まずは、写真をご覧ください。


Sxunモデルボディ



基本は、「EXCEED」です。

「EXCEED」のピックアップレイアウトを2ハムにして、
コントロールも1ヴォリューム、1トグルと極めてシンプルにしています。

ピックアップは、フロントがシェクターのスーパーロック、
リアが、ディマジオのディーソニックがマウントされています。


Sxunモデルコントロール



後は、ヘッド角度はつけていないですが、
片連ではなく両連のヘッドになっています。


Sxunモデルヘッド



基本的に、受注生産になりますので、
興味のある方は、最寄の楽器店さんにお問い合わせください。


Sxunモデル



シェクター・アーティストモデル紹介 インデックスへ戻る

シェクター・オフィシャルブログ トップへ戻る






シェクター・アーティストモデルの紹介 | 【2013-02-18(Mon) 09:00:00】
Trackback(-) | Comments(-)
ブックマーク
シェクターWEBショップ
シェクターカタログ
シェクターギタリスト
ライブレポート
シェクターブログ
人気ページランキング
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。